過去の記事:2020年1月

武術の型稽古で養成する内面の作用とは

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2020年01月31日

古伝体術の中野です。

内面の作用があるとなしで、相手への作用を検証しています。この内面を用いることで相手に「入る」ことが可能となります。

この内面の感覚は型によって養成することができます。

 

 

「受け入れると」いう心構えが調和のエネルギーを生み出す

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2020年01月28日

古伝体術の中野です。

通常は意識同士の衝突が対立を生み、力のぶつかり合いとなってしまいます。

それを「受け入れる」という心構えに変換することで調和のエネルギーが生じ、ぶつかり合わずに自分のエネルギーを伝えることが出来るようになります。

その事を型稽古によって学んでいきます。

 

 

古の武術による身心の統一化がもたらす作用を検証する

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2020年01月27日

古伝体術の中野です。

 

身心が統一化されたことによって調和のエネルギーがもたらされます。

それが相手との調和を生み出し、指先同士だけが触れている状態でも力を伝えることが可能となります。

 

 

 


 

 

「抜く」動作がもたらすものを検証してみる

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2020年01月26日

古伝体術の中野です。

武術の型稽古で各関節を「抜く」動作を意識して訓練していきます。それを瞬間的に行うと相手が「腑抜け」となるので力を伝えることが可能となります。

 

 

 

姿勢とは「姿に勢い」があるということ

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2020年01月24日

古伝体術の中野です。

姿勢とは「姿の勢い」と書きますが、正しい姿勢にはエネルギーが通るのでパワーが出ます。そのことを説明しております。

 

 
 
Top