過去の記事:2019年6月

武術にとって大切なもの

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2019年06月29日

古伝體術の中野です。

武術は基本、相手とぶつからずに調和するということが大切だと思っております。 それをもっと大局的に考えると、「大自然や宇宙との調和」といった考え方になっていくんですね。

私が高校生の頃に「拳児」という漫画がありました。
原作者は日本の中国武術のパイオニア的存在でいらっしやった
故·松田隆智先生で、実在の武術家をモデルにした登場人物が
沢山出てきて、それらの人達との交流の中で主人公の拳児が成長していくという物語でした。

そして物語の最後に、拳児が武術の稽古をしていると、宇宙との一体感を感じて高揚する場面があります。当時の自分には何のことだかさっぱりわからなかったのですが、今は若干ながら、この意味がわかるようになりました。

宇宙や大自然との一体感を感じられるような心身の用い方をすることで、相手と対立せずに調和する世界へと導いてくれるということが。

そして、そのことを型稽古が可能としてくれます。

動画ではヤラセのようにしかみえないですが(笑)
内面を変化させることで、入身できるようになります。

今回も最後までご覧くださり、ありがとうございます。

 

 

マネしてみました

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2019年06月28日

古伝體術の中野です。

古流武術の世界での第一人者、黒田鉄山先生がよくやられることをマネしてみました。

動画では見えづらいと思いますが、寝た状態の腕相撲で、自分は指2本で相手を返しています。

もう一つは、相手に亀の状態になってもらい、それをひっくり返したいのですが、粘った相手をひっくり返すのは容易ではありません。

ですが、相手のチカラにぶつからずに「受け入れる」「寄り添う」といった「調和する心もち」になることで、チカラのぶつかり合いにならない世界が拓けてきます。

そのことを型稽古によって学習していくんですね。

ご覧いただきありがとうございました!

 

 

古伝體術の中野です

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2019年06月28日

はじめまして!

古伝體術心水会を主宰している中野由哲と申します。

これから武術の型が内包する素晴らしい世界について紹介して
いきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

 

対立から調和へ

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 心水会
2019年06月26日
 

 
 
Top